クリスチャン・ホーナーに対して告発を行った女性が、FIAに正式に不服を申し立てる

レッドブルのチーム代表を務めているクリスチャン・ホーナーに対する告発を行った女性が、FIAに対し彼の行為について正式に不服を申し立てた。この苦情は、過去数週間に提出された2件の内部告発に続くものとなる。

FIA の対応

FIAの声明によると、すべての問い合わせや苦情は倫理委員会によって受け付けられ、管理される。 同委員会は自律的に運営されており、プロセス全体で機密性が保証されているという。

レッドブルの対応

レッドブルレーシングの広報担当者は、この苦情については承知しておらず、これ以上のコメントは差し控えると述べた。

クリスチャン・ホーナーのコメント

「苦情が提起され、この国で最も評判の高い独立したKCを任命した団体によって最もプロフェッショナルな方法で対処された」とホーナーは語った。

「時間をかけてすべての事実を調査した。すべてを検討し、苦情を却下するという結論に達した。」

「私に関する限り、レッドブルに関する限り、我々は前進し未来に目を向ける。 」

内部告発

BBCスポーツは、2件の内部告発が FIAに登録されていることを明らかにした。

最初の告発は2月2日に提出され、クリスチャン・ホーナーの行為に直接言及し、FIAに調査を依頼し、レッドブルが隠蔽しようとするのではないかとの懸念を表明した。

2番目の告発は3月6日に提出され、最初の告発に言及し、内部告発者が次にメディアに通報すると警告した。

ヨス・ファースタッペン Jos Verstappen, Helmut Marko
ヨス・フェルスタッペン(左)ヘルムート・マルコ(右)

レッドブル内の権力闘争

この論争は、ホーナー、ヘルムート・マルコ、マックス・フェルスタッペンとその父ヨス、フェルスタッペンのマネージャーであるレイモンド・フェルミューレン、そしてレッドブル社の2人のオーナーらが関与するレッドブル社内の権力闘争の中心となっている。

先週末、マックス・フェルスタッペンの介入がマルコの解任を阻止するのに役立った。 51%の株を保有するチャルーム・ユーウィッタヤーはクリスチャン・ホーナーを支持し、49%の株を保有するオーストリアのレッドブル社がホーナーを追い出す意向を撤回させた。

【関連記事】

Similar Posts