【メキシコGP】フェルスタッペン、三番手となった予選の原因を説明 明日のレースで巻き返しを図る

マックス・フェルスタッペン
スポンサーリンク

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メキシコGPの予選をフェラーリの2台の後ろ、3番手で終えたが、チームが明日の決勝レースで逆転勝利できることを信じて巻き返しを図る。

フェルスタッペンはQ1でペースを握っていたが、セッション後にピット出口で不必要な妨害をした疑いでスチュワードから調査を受けることになった。これに関して特に措置は取られなかった。

その後、Q2の1回目のアタックではトップタイムを記録したが、Q3の最初でミスを犯し、ターン8で縁石に激しくぶつかってしまった。結果、タイムは1分17秒263で、三番手に終わった。

二番手は1分17秒233でフェラーリのカルロス・サインツだった。

スポンサーリンク

フェルスタッペンは最後のアタックでもトップに立つことができず、シャルル・ルクレールがエルマノス・ロドリゲス・サーキットでポールポジションを獲得した。

予選後、フェラーリがフロントローを獲得するほどのパフォーマンスを見せることを予想していたかと尋ねられたフェルスタッペンは次のように答えた。

「いつも予想するのは難しい。僕はフェラーリの一員ではないから、何が実際起こっているのかわからない。ただ個人的には、予選では僕らがもう少し改善すると期待していたし、そこが少し足りなかった原因だと思う。」

「Q1はまずまずだったと思うし、Q2も悪くはなかったけど、Q3に向けての対策が十分ではなかったことで、タイムが少しずつ悪くなっていくように感じた。このコースはグリップが低いし、もう少しプッシュしようとするとタイヤがオーバーヒートしたり、少しスライドしたりする可能性があるから、予選では基本的にほぼ完璧なラップを刻むのが非常に困難だよ。」

スポンサーリンク

「もう少しタイムを稼ごうとしたんだけど、バランスがうまくいかなくて、スライディングしてタイヤをオーバーヒートさせてしまって、最後のセクターではタイヤが残っていなかった。ただ、このコースでは完璧なラップを刻んでいくことがとても難しいんだ。」

フェルスタッペンは印象的な速さを見せていたが、最終セクターでそれを維持することができなかった。

振り返ってみると、プッシュしすぎたのではないかと問われたフェルスタッペンは、「その時点ではまだ苦戦していた。」と説明した。

「ミドルセクターではまだかなり調子が悪く、スリップしていたので、少しタイムを取り戻そうとしたんだ。」と彼は語った。

「最初のセクターは、完璧ではなかった。少しは改善する余地があったが、カバーすることはできなかった。でも、そうだね、フィーリングなんだ。滑りすぎると上手くいかないし、こうもタイトなレースの場合だと、コンマ1または2秒は取り戻せたと思ったら、逆にロスする可能性もある。それが予選で起こったんだと思う。」

予選では三番手で終わっているが、フェルスタッペンが明日のレースで優勝、シーズン16勝目を挙げる可能性は十分にある。

フェルスタッペンは、明日のレースで巻き返すことが可能かと問われると、次のように答えた。

「僕はハードタイヤを2本持っているから、それが明日のレースのアドバンテージになるかもしれない。」

「ターン1では予想できないことが起こり得るからね」と付け加え、明日のレースに巻き返しを誓った。

【関連記事】

【2024年F1第11戦オーストリアGP】開催スケジュール

【スペインGP日曜日】角田裕毅のコメントを紹介

ルクレールとサインツ、スペインGPでの衝突をめぐり対立

ハミルトン、スペインGPは今年最高の週末だったと語る

ノリス、スペインGPで勝利するべきだったと主張

フェルスタッペン、スペインGPでの重要な瞬間を語る

スポンサーリンク

Similar Posts