FIA調査の結果、ビン・スライエムの容疑が晴れる

FIA(国際自動車連盟)会長のモハメド・ビン・スライエムは、内部告発者からの報告を受けてFIA倫理委員会が行った調査の結果、潔白が証明された。

数週間前、ある内部告発者がFIAに対し、2023年のサウジアラビアGPでアストンマーティンのドライバー、フェルナンド・アロンソに科せられたペナルティを覆すためにFIA会長のモハメド・ビン・スライエムが介入したとされること、そして数十年ぶりにF1がネバダ州にカムバックする2023年にラスベガスのストリートサーキットを正式に承認しない方法を見つけるよう”FIA会長の要請で”要請されたことを報告した。

これらの発覚を受けて、FIAは内部調査が開始されたことを確認。
コンプライアンスオフィサーが”特定のメンバーが関与している可能性のある疑惑を詳述した”報告書を確かに受け取っていたことを明らかにした。

3月22~24日にメルボルンで開催されるオーストラリアGPを前に、FIA倫理委員会は、FIA会長が2023年サウジアラビアGPの結果やラスベガス・サーキットの承認に干渉しようとした証拠は見つかっていないと述べた。

「調査結果を検討した結果、倫理委員会は全会一致で、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムが関与したいかなる妨害の疑惑を裏付ける証拠はないと判断した。」

「会長に対する疑惑は根拠のないものであり、FIA倫理委員会の決定を裏付ける合理的疑いを超える強力な証拠が提示された。」

「この調査のプロセスを通じての会長の全面的な協力、透明性、敬意は非常に高く評価された。」

従って、FIA側の事件は終結した。

【関連記事】

Similar Posts