シュタイナー、2024年についてレッドブルの支配は終わると予想

レッドブルの2年連続タイトル獲得とマックス・フェルスタッペンの3連覇に続き、ハースの元チーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2024年には他のドライバーやチームが “台頭”してくるだろうと考えているようだ。

レッドブルは昨シーズン、22戦中21勝を挙げ、そのうち19勝をフェルスタッペンが占め、全周回数の75%以上をリードした。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、メルセデス、フェラーリ、アストンマーティン、マクラーレン(後者は2023年の開発で大きな進歩を遂げている)が挽回を図る一方で、チームが新しいパッケージで “収穫の減少”に直面していると指摘している。

先日のオートスポーツ・インターナショナル・ショーでフェルスタッペンとレッドブルの優勢についてどう思うか尋ねられたシュタイナーは、次のように答えた。

「それも終わるだろう。来年はいくつかのチームが追いついてくると思う。マクラーレンが去年やったことを見てほしい。」

「レギュレーションが安定したままだから、どのレースでも誰かが追いついてくる可能性がある。開発できるものには限界があるし、他の誰もがそのポイントに近づく。」

「2026年には新しいレギュレーションやエンジンレギュレーションが導入され、マシンはさらに新しくなると思う。だから、2026年にはすべてが一変していると思う。このスポーツはこれからも面白いと思うよ。」

「最近は明らかにマックスが少し優勢だった。彼は最高のマシンに乗っているし、現時点で最高のドライバーだと思う。でも、他にもいいマシンに乗ったいいドライバーがいる。」

ハースの職を辞したばかりのシュタイナーは、F1全体の状況や、ここ数年で起きた “計り知れない”成長についても考えを述べた。

「このスポーツはとてもいい状態にあると思う。」

「私はもうF1の中にはいないから、外部の人間として言えることだが、F1は素晴らしいスポーツだと思う。F1の親会社であるリバティメディアがF1に持ち込んだのはエンターテインメント要素だった。」

「モータースポーツファンは、エンターテインメントがスポーツを支配してしまうのではないかと心配していたと思う。だが、スポーツに焦点を当てて非常にうまく運営されていると思う。私たちはレースを観に行くのであって、その周りには最近人々が求めているようなエンターテインメントがたくさんある。」

「このスポーツは今後も成長すると思うが、ここ数年の成長率は計り知れないものだった。素晴らしい未来があると思う。強力なチームがあり、とても堅実で、すべてが整っている。」

シュタイナーはハースを離れることについて “とても冷静だ”と感じており、今後のプランを決めることに “急いではいない”としながらも、ファンは彼が “いくつかのレースで登場する”ことを期待しており、2024年には “テレビで私を見ることがあるかもしれない”と語った。

【関連記事】

Similar Posts