ウィリアムズ、日本GPに向けシャシー修理の最新情報を提供

williams f1 car melbourne



ウィリアムズは、オーストラリアグランプリでダメージを負ったシャシーの修理作業の後、今週末の日本グランプリに2台のクルマでレースに出走する。

ウィリアムズのアレックス・アルボンとローガン・サージェントは、チームが修理に費やした努力と、今週末への期待を語った。

チームは前回メルボルンでのレースでローガン・サージェントの出場を取りやめざるを得なくなった。
これは、FP1でアレックス・アルボンが大クラッシュしたことによりシャシーが全損したためだ。
チームに予備のシャシーがなかったため、週末の残りの期間はアルボンをサージェントのマシンに乗せるという難しい決断をした。

この選択は、チーム代表のジェームス・ボウルズによって下された、最も難しい決断であると表現された。
また、この状況を「現代のF1では許容できない」とも評していた。

オーストラリアでわずかに入賞を逃したウィリアムズ(アルボン:11位)は、今は日本に全力を注いでおり、アルボンはシャシーの修理にチームが注いだ努力を称賛している。

「鈴鹿は僕のお気に入りのサーキットの1つであり、もちろん素晴らしい日本のファンのみんなに会えるのを本当に楽しみにしている」とアルボンは述べてた。

「オーストラリアは明らかに僕たちがチームとしてレースに臨みたい方法ではなかった。残念ながら僕たちが歩んでいる道のりを浮き彫りにしてしまった」

「チームは本当に団結して、クルマを修理し、時間通りにトラックに届けてくれた。僕たちは皆、そのことにとても感謝している」

メルボルンで厳しい週末を過ごしたサージェントにとって、日本グランプリは巻き返すチャンスでもある。
ボウルズは、このサージェントへの信頼を依然として持っていると主張した。

「オーストラリアは、ドライバーとして、そしてチームとして、僕が今まで経験した中で最も難しい週末だったかもしれない」とサージェントは述べた。「信じられないようなサポートを続けてくれたファンのみんなに本当に感謝している」

「この厳しい時期を乗り越え、学び、今シーズンも共に前進し続けたい。レース間の機会を利用して、バリに向かい、ジムで多くの時間を過ごした。精神的にも肉体的にも感覚を鋭く保てている」

「シーズンのこんなに早い時期に日本に戻ってこられることにワクワクしている。鈴鹿はアイコン的存在だ。カレンダー上、誰もが好きなサーキットの1つ。もう一度挑戦するのが待ちきれないよ」

ウィリアムズは、2024年シーズンの最初の3戦でまだ1ポイントも獲得していない3チームのうちの1つだ。
アルボンがサウジアラビアとオーストラリアで11位になったことで、コンストラクターズランキングでは8位につけている。




【関連記事】

Similar Posts