オリバー・ベアマンはサウジアラビアでどのように活躍したか?

オリバー・ベアマンはサウジアラビアGPで、フェラーリのカルロス・サインツの代役として見事なパフォーマンスを披露し、F1パドックを沸かせた。2024年シーズンのF1開幕に新たな一面を加え、来年はフルタイムのシート争いに加わることになるだろう。

そのわずか1週間前、18歳のフェラーリの新星ベアマンは、チームメイトでメルセデス育成期待の星でもあるアンドレア・キミ・アントネッリとともにF2の最後尾に低迷していた。プレマ・レーシングはバーレーン・インターナショナル・サーキットで印象的な走りを見せることができずにいた。

しかし、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットでベアマンは、超高速サーキットを駆け抜け、自信を深めるポールポジションを獲得した。

ベアマン、招集に応える

金曜日の朝、会場に戻ってきたベアマンは、このポールポジションを勝利につなげ、2023年のルーキーとして多くの可能性を示したF2タイトルへの挑戦をスタートさせることに全力を注いでいた。しかしそのとき、フェラーリのチーム代表であるフレデリック・バスールから速報が入った。

胃の不調と闘いながらFP1とFP2に参加していたフェラーリのカルロス・サインツの状況は木曜日の夜に悪化し、入院して手術を要する虫垂炎と診断された。

つまり、元F1ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィや元F2準優勝ドライバーのロバート・シュワルツマンとともに2024年のフェラーリのリザーブドライバーの1人であるベアマンが、ヘッドラインを飾る大舞台デビューのために招集されることになったのだ。

ベアマンはカート、F4、F3、F2で成功を収め、うらやましいほどの経歴を築いてきたとはいえ、F1へのステップアップは重要なものである。ましてや10代で、このスポーツで最も有名なチームのひとつに所属し、数時間しか準備期間がないのだ。

実際、予選前の唯一のセッションとなったFP3からマシンに飛び込んだベアマンは、すぐにSF-24に馴染んだ様子でコースを駆け回り、限界を探る走りを見せた。ウィリアムズのアレックス・アルボンは、ピットレーンで眉をひそめて注目したドライバーのひとりだった。

カルロス・サインツの代役を務めたオリバー・ベアマン:フェラーリ公式サイトより引用

【ベアマン、予選で唖然

予選ではQ2進出を果たし、ポールポジション争いに向けてQ3進出を果たすために果敢な走りを見せたが、チェッカーフラッグが振られたときにはわずか0.036秒及ばなかった。ソフトタイヤでの1周目にやや出遅れたことが響いたようだ。もう少しでQ3進出を逃すところだったドライバーは、7度のワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンだ。

この驚異的なパフォーマンスがパドック内外をベアマンはその数分後、メディア・ペンに向かい、待ち構えていたテレビ局の取材陣と初めて対面した。

ベアマンはその場の雰囲気に流されることなく、年相応の成熟ぶりと自省の念を示し、サインツが早く回復することを願った。そして、11位という立派なグリッド順位を獲得したにもかかわらず、この結果には少し「がっかり」しているとコメントした。

ベアマンは明らかに最高水準を目指しており、どんな状況でも完璧でなければ気が済まない性格の持ち主だった。

「とても惜しかった」とF1テレビのカメラに向かって笑顔で語った。「最初のプッシュ(周回)でミスをしてしまったから、2回目のプッシュをしなければならなかった。タイヤはベストではなかったし、これは僕のミスだ。」

ベアマンは予選後のブリーフィングに臨み、しっかりとしたスタートを決めてポイントフィニッシュを果たし、フェラーリがシーズン序盤のコンストラクターズタイトルを伸ばす手助けをすることを決意した。

体力的にも精神的にも過酷なサーキットを50周も走り続けなければならないのだ。これは経験豊富なF1ドライバー達でさえ究極の挑戦である。

サウジアラビアGPで驚異的なパフォーマンスを見せたオリバー・ベアマン:フェラーリ公式サイトより引用

【レース当日を迎える

疑念はすぐに解消された。ベアマンはスタートでノーズをクリーンに保ち、リズムをつかみ、フェラーリのパッケージについて理解を深め、ポイント圏内を目指す。

角田裕毅(RB)やニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)の動きに目を奪われながらも、クリーンエアのときには、何度も優勝しているチームメイトのシャルル・ルクレールのペースにどんどん近づいていった。また、ピレリタイヤに関する知識が浅いにもかかわらず、ピレリタイヤのマネジメントを見事にこなし、明らかな進歩を見せた。

終盤にはソフトタイヤを履いたハミルトンとランド・ノリスのアタックを受けたが、ベアマンはそのプレッシャーにも見事に対応し、メルセデスマクラーレンを抑えて7位でチェッカーを受けた。

チームメイトのルクレールを含め、ピットレーンではドライバーたちから賛辞が相次いだ。

「すべてのドライバーがFP1、FP2を終えている中、オリバーはFP3でF1マシンに乗り込んだ。彼はクルマのこともあまり知らないし、しかもここはシーズンの中でも最もチャレンジングなコースの一つだ。FP3では最初の3周を走り、すぐにペースに乗り、マシンを限界までプッシュしていた。」とルクレールはベアマンを称賛した。

「彼は本当に驚くべき素晴らしい仕事をしてくれた。」

デビュー後初めて『F1 TV』のインタビューに応じたベアマンは、この経験によって”破壊された”ような感覚を覚えたと認めた。彼の車のヘッドレストは、彼の首が押しつけられたせいで目に見えてへこんでいた。

しかし、そのような肉体的な苦労はさておき、ベアマンはすでにF1のレギュラードライバーであるかのような自信と確信を持っていた。

「いい走りができたと思う」とベアマンは振り返った。

「難しい状況で、コース上での周回数も多くはなかったが、今日はすべてを最大限に生かすことができたと思う。前の(フェルナンド)アロンソや(ジョージ)ラッセルより少し僕のほうが速かったと感じたけど、追いつくほどではなかった。」

多くのドライバー達からも称賛されたオリバー・ベアマン:フェラーリ公式サイトより引用

【ベアマンは2024年に再びF1に参戦するのか?

もしサインツが回復に時間を要するようなことがあれば、ベアマンがメルボルンでも代役に指名されることをバスールは明言している。

数週間後にまた同じことを繰り返す覚悟ができているのかどうかという疑問を投げかけ、F1の新鋭ドライバーにとって旋風のような週末からもうひとつ印象的な瞬間が生まれた。

ベアマンはニヤリと笑い、相づちを打った。「教えてよ。僕は十分やったかな?」

ベアマンの目覚ましい活躍は、答える必要のない質問だったことを意味していた。

【関連記事】

Similar Posts