2026年 ダウンフォース減でより軽量・パワフルなF1カーが登場

フォーミュラ1の技術ディレクターのパット・シモンズは、2026年の規制でクルマのダウンフォースを削減し、ドライバーのスキルをより引き立てる計画を強調している。
2022年のルール導入以来、F1カーはエコフレンドリーな燃料に焦点を当てており、パワーユニットのハイブリッド要素を強化できる2026年のルールを作成している。
目標は電動部品と内燃機関の間で50/50の分割を目指し、エンジンが1000馬力を超えるのを可能にし、電力を増強することだ。

パット・シモンズによると、電動部分の使用を増やすことに加え、2026年のシングルシーターはダウンフォースも少なくなる予定だ。
「2026年の車は1000馬力以上を持ち、かつそのエネルギーの多くを電動モーターから得たい。」
とパット・シモンズはビヨンド・ザ・グリッドのポッドキャストで説明した。

Pat Symonds podcast
F1オフィシャルポッドキャスト「ビヨンド・ザ・グリッド」がパット・シモンズを招く

「また、車のダウンフォースを減らしたいと考えている。クルマが非常に重い一因は、多くのダウンフォースを支えなければならないからだ。」

よりパワフルで小さく、軽いF1のシングルシーターは2026年以降、オーバーテイクの機会を大幅に改善するはずだ。
シモンズはまた、空力が少なくなることでドライバーのスキルがより重視されると信じている。

「重要なことは、ドライバーがヒーローでメインであることだ。私たちが推進したいのは、彼らがスーパーマンであること。だから、物事は正しい方向に進んでいると思う。」とパット・シモンズは強調した。

【関連記事】



Similar Posts