マクラーレン、中国GPでの苦戦とチャンスを予想

mclaren andrea stella

マクラーレンのチーム代表であるアンドレア・ステラは、上海インターナショナルサーキットは今年のMCL38に最適ではないと考えており、今週末の中国グランプリでチームが苦戦することを予想している。

F1が2019年以来初めて上海に戻ってくる中、グリッド上のすべてのチームは、2024年シーズンの第5戦に向けて、ほとんど、あるいはまったく関連データがない状態で同じ立場に置かれることになる。

アンドレア・ステラは、上海インターナショナルサーキットのレイアウトはMCL38に最適ではないと考えている。
だがすべてのチームにデータが不足していることで、チャンスを手にする可能性があると考えている。

「これまで今年レースをしたサーキットの中で、上海インターナショナルサーキットは我々のマシンに最適ではないかもしれない」と、ステラは中国グランプリを前に語る。

Lando Norris McLaren in 2019 at the Chinese GP
2019年中国GPでのマクラーレンのランド・ノリス

「しかし、予測不可能な天候に直面するかもしれない。すべてのチームにデータが不足していることも、チャンスと課題の両方をもたらす可能性がある」

「今週末は2024年の最初のスプリントイベントだ。これはより多くのポイントを獲得する機会があるかもしれないが、特に5年間レースをしていないサーキットでは、レース前にできるだけ多くのデータを収集するために最初の練習セッションで最大限の努力をしなければならないという課題も加わる」

「我々は、十分に準備し、チャンスが訪れた時にそれを活用できるようにするために懸命に取り組む」

中国グランプリを前に、マクラーレンは今年これまでに69ポイントを獲得し、コンストラクターズランキングで3位につけている。現在2位のフェラーリとは51ポイント差だ。

【関連記事】

Similar Posts